ディスペンサーが対応できる素材

ディスペンサー

ディスペンサーが対応できる素材

製造現場で利活用されているディスペンサーは、一般的に塗料の塗布装置として使用されています。 ですが近年のディスペンサー業界の進化は大変に目まぐるしく、塗料以外の塗布もできるように日進月歩で進化しています。
●ディスペンサーが塗布できる素材一例
・シール材 シール材は液体や空気の流入や排出を防ぐための素材です。
・グリス剤 グリスは摩耗を防ぎ、稼働をスムーズにするための潤滑油です。
・硬化樹脂剤 塗布した後に硬化する樹脂です。
・制振剤 揺れを防ぐ素材です。
・TAB補強剤 フレキシブル基盤に用いられる補強剤です。
・偏光材 液晶ディスプレイの製造に用いられる資材です。
このようにディスペンサーはただ塗料を塗布するだけの装置ではなく、幅広く製造の現場で活用できるように様々な素材が使用できるようになっています。
こうしたディスペンサーを製造しているメーカーの多くは中小企業で、独自の技術力と販売ネットワークを有しているポイントが特徴です。

ディスペンサーの塗布なら先端企業 ナカリキットコントロール
定量吐出で使い勝手のよいディスペンサーをお届けしております