前へ
次へ

健康保険の種類について

一口に健康保険と言ってもその種類は大きく3つに分けられます。
これは被保険者が企業に所属しているか否かで変わってきます。
前者の場合、会社が加入している健康保険で被保険者になり、これを更に分けると、政府管掌と健康保険組合管掌とに分けられます。
この2つでは保険料や給付内容が異なるので、自分の会社がどこの管掌になっているか把握すると良いでしょう。
後者、企業に所属しない場合は国民健康保険に加入することになります。
こちらの手続きは自分自身で区役所等に赴いて行なう必要があります。
会社を退職して次の会社に就職するまでの間や子供が産まれた場合等に役所に赴く必要があります。
これは法律上、「国民皆保険」となっているため、必ず必要な手続きであると言えます。
以上のように3つの種類に分けられます。
詳細については、けんぽ協会やお住まいの市区町村のホームページで確認されるとよいと思います。

Page Top